初のブラックアウトから酒乱大爆発後の飲み方・酔い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

34歳の時に自営になり、40歳過ぎに離婚して、オケラの状態で独り暮らしになりました。

酒を買う金も無くカツカツで暮らしていましたが、自暴自棄になり無い金で酒を飲むようになりました。

まあ独りの家のみなのでお金は知れてますけど。

そんな時、なんとか商売を上手くやっていかないとと参加した商売人の集まりで知り合った方から、もっと外へ飲みに出て色々話を聞かなきゃダメだよと言われ、そんな身分じゃないのになぁ~と思いながら飲みに出る様になります。

美味しい日本酒にハマリました♬

美味しい日本酒にハマリました♬

SNSに参加して、色々なイベントに参加したりして、付き合いが増えて、色々なお店に行くようになりました。

美味しいお酒を知り、美味しい焼酎を知り、お誘いも多くなりました。

定期的に飲む仲間が出来て、毎週飲みに行く様になりました。

久しぶりに飲むせいか何か、俺こんな酒飲めたっけ?というくらい飲んでました。

そのうち仲良くなるにつれ、次第に酔っては調子に乗って偉そうに話す事が増えてしまいました。

熱い話や深い話をする様になり、毎度深酒してしまい徐々にエスカレートしてしまいました。

なんでこんなに飲めるんだろうと思いながら飲んでいた酒が、とうとう内臓に効いてきてしまったせいもあると思います。

そして、これまでお酒を飲んでいて、寝てしまったり、記憶が無くなった事が無かったのですが、42歳頃から飲んだ記憶が無くなることが頻発する様になりました。

とうとうブラックアウト開始です…

日本酒を飲むようになってから泥酔するのが増えたのは間違いないと思われます。

昔はヤバいから避けていたくらいですし。

よく日本酒の会でご一緒する先輩も、40歳過ぎると記憶が無くなるよね~と言っていました。

今思い返すと、飲んだ記憶が無くなるブラックアウトが始まったのをきっかけに、泥酔や暴言が激しくなったように思います。

毎週定期的の飲み会の開始時間が23時と遅いため、すでに家飲みで日本酒やらビールやら焼酎やら飲んで酔っ払っていて、そこから2時頃まで飲むので、それは酩酊・泥酔してしまうに決まっています。

でも23時まで待つのはとても無理で、19時頃になれば晩酌したい習慣がついていました。

家飲みから外へ飲みに出て、生ビールを5~6杯飲んだり、メガハイボールを5~6杯飲むので、それは狂っちゃうに決まっています。

お店のなかでも大声で騒ぐので迷惑扱いです。

私が狂っちゃうのを楽しむ飲み仲間もいますが、そうでない人もいるし、酔い過ぎると相手に食ってかかってしまいますし…

おまけに翌日には途中から記憶がおぼろだったり無くなったり…

俺完全に破滅に向かっているな、廃人になるな、と思い始めますが、離婚後の寂しさや商売が上手くいかないイライラがつのって飲んでしまうのと、定期的な飲み会をなかなか断れなかったせいでズルズル続いてしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする