大人になってお酒を飲み始めてから40歳過ぎて酒乱爆発前までの飲み方・酔い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校を卒業してすぐ営業の仕事に就職して、歓迎会とか忘年会でお酒を飲むようになりました。

正確に言うと高校の時も友達とお酒を飲むことがありましたが、その当時はバイオレットフィズとかジュースみたいなサワーを少し飲んでた程度でした。

就職して飲み始めて、苦くて嫌いなビールを飲まなければいけなくて、最初は厳しかったです。

就職したての頃は苦いビールが苦手でした

就職したての頃は苦いビールが苦手でした

今でもそうですが、注がれるお酒って自分のペースじゃないからキツいですよね。

最初の頃は宴会の途中とか終わり頃によく吐いてました。

次第に慣れて、ビールも好きになったり、何杯か飲めるようになりました。

当時はバブルの末期でまだ景気が良かったので、先輩にちょいちょい飲みに連れて行ってもらい、お姉ちゃんの付くお店でVSOPとかリザーブの水割り飲んだりしていました。

まだ若くてアルコールに対する反応が良かったので、飲んでる途中で気持ち悪くなって、「明日のためにゲロ」とかよく吐いてました。

友達と飲むのもお金が無いので外へ飲みに行くのは少なめで、たまに家飲みする時は、缶ビールとか安いウィスキー(ローリングKとか)を飲んで酔ってよくくだを巻いてました。

この頃から酔うと調子に乗って偉そうな事を言ってましたが、「また出たよ~w」って言われる程度で周りにはそんなに迷惑をかけていなかったと思います。

普段は残業で帰宅も遅く、会社帰りに先輩と飯食いながら飲んだりしていたので、家ではあまり飲まなかったです。

徐々に時代はウィスキーから焼酎の時代に

徐々に時代はウィスキーから焼酎の時代に

5年営業をやってイヤになって退社し、知り合いの建築現場の仕事でとりあえずアルバイトを始めました。

そこで毎日の様に仕事帰りに酒盛り生活が始まりました。

この頃から焼酎が流行り始めて、最初ビールを飲んだ後、だいたい下町のナポレオン「いいちこ」をお茶割りか水割りで飲んでました。

当時もちょいちょい飲み過ぎて調子に乗った発言をしていましたね~(^0^;)

時々ホントにハメを外して、いつもの誠実さが無かったらぶん殴ってる!と先輩に言われたりしていました。

二日酔いもよくありましたが、遊んだ次の日は絶対仕事は頑張る!という先輩からの教えで、何とか仕事は頑張っていました。

2年後に酷い交通事故で腰を悪くしてしまい、現場仕事ができなくなって、仕方なくまた営業職に戻りました。

その頃も飲んではくだを巻いてたな~

いいから飲めと言われて、まあ許してもらえる程度です。

年に数回の飲み会で、無礼講ということでお許しをいただける感じでしたかね。

年に数回の飲み会で無礼講ということでお許しをいただける感じでしたかね

年に数回の飲み会で無礼講ということでお許しをいただける感じでしたかね

その後も40歳過ぎまでは、概ねそんな感じで、たまに飲んではくだを巻き、時に深酒して暴言を吐いていたという感じでした。

次の日思い出すとイヤですよね~(^0^;)

それでしばらく反省して、喉元過ぎればって感じでまたやってしまうんですよね~

お酒に慣れてからの酒の量は、だいたい生ビール4~5杯までならそんなに問題を起こしませんが、それ以上だとくだを巻き始める感じです。

家飲みで缶ビールの500mlを5本飲むと次の日も死亡くらいのレベルです。

ゆっくり飲めばそんなにおかしくなりませんけどね。

焼酎とかウィスキーなどの割物は、次第に酒の量が濃くなったりして、そういう濃いお酒を飲むとだいたいダメです。

なので、日本酒は基本避けていましたし、お店で濃いチューハイとかが出てきたら薄くしてもらったりもしていました。

それでも、そもそも会社勤めだと、飲むのは年に数回の飲み会ですし、友達とも次第に疎遠になって年に数回しか飲みませんし、結婚したらお金も無くて飲みに出ませんし、それ程周りと問題になったり、自分自身も問題に感じた事は無かったです。

元々、お酒は一応飲めるけど弱い方で、盛り上げよう!とか、楽しもう!と思って、調子に乗ってハメを外すという感じですね。

あと深い話になると飲み過ぎて、高い確率でくだを巻いちゃいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする