2017年産米食味ランキングでコシヒカリが特Aから陥落し群雄割拠のお米業界は2018年どうなる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お米と言えば魚沼産コシヒカリが何と言っても有名ですよね。
ところが、昨年の天候不順が祟ってしまった様で、特Aが設定された1989年産以来28年連続で獲得していた特AからAへと格下げとなってしまいました。

17年産米食味ランキング 「特A」43産地銘柄 魚沼コシ29年連続ならず
・魚沼コシ「特A」から転落=17年産米食味ランキング

2017年産米食味ランキングでコシヒカリが特Aから陥落で2018年はどうなる?

2017年産米食味ランキングでコシヒカリが特Aから陥落で2018年はどうなる?

天候さえ戻れば、産地特有の寒暖の差とキレイな水で再び特Aの評価を得られると思われますが、日本の気候も毎年予想出来ない様な亜熱帯化というか荒れた天候が増えていますよね。

実は将来的には温暖化ではなくて寒冷化へ向かう途中のプチ温暖化だったとかいう噂もありますが…

さて、2017年は天候不順の影響もあって魚沼産コシヒカリが特Aから陥落してしまったわけですが、近年全国各地の産地から様々な高品質のお米が出て来ていて、正直まだ全然知らないお米も今回特Aになっているのだと思います。

新たに認められた美味しいお米とは?

新たに認められた美味しいお米とは?

そこで、2017年産米食味ランキングで特Aを獲得したお米はいったい何なのか?
こちらで紹介しながら私も勉強したいと思います。

尚、日本穀物検定協会の食味検査とは『香り、外観、味、粘り、硬さ、総合評価』から決定されています。

2017年(平成29年度)特A受賞品種

ななつぼし  北海道
ゆめぴりか  北海道
ふっくりんこ 北海道

青天の霹靂  青森県

あきたこまち 岩手県
ひとめぼれ  岩手県

ひとめぼれ  宮城県
つや姫    宮城県

あきたこまち 秋田県

はえぬき   山形県
ひとめぼれ  山形県
つや姫    山形県

コシヒカリ  福島県
ひとめぼれ  福島県

コシヒカリ  栃木県
とちぎの星  栃木県
なすひかり  栃木県

コシヒカリ  新潟県

コシヒカリ  富山県

コシヒカリ  石川県

コシヒカリ  福井県
あきさかり  福井県

コシヒカリ  山梨県

コシヒカリ  長野県

コシヒカリ  岐阜県

コシヒカリ  三重県

秋の詩    滋賀県
みずかがみ  滋賀県

コシヒカリ  兵庫県

ヒノヒカリ  奈良県

きぬむすめ  鳥取県

つや姫    島根県

ヒノヒカリ  広島県

きぬむすめ  山口県

コシヒカリ  佐賀県
さがびより  佐賀県

ヒノヒカリ  熊本県

ヒノヒカリ  宮崎県

あきほなみ  鹿児島県

2017年都道府県別 特A お米の食味ランキング

2017年都道府県別 特A お米の食味ランキング

何だかんだ言って、全国各地で作られているコシヒカリはまだまだ絶対王者的な存在ですね。

ただ、中にはあまり聞き馴染みの無い名前や、初耳のお米もあります。

現在では全国各地で美味しいお米の開発に力を入れていて、新しくて美味しいお米がどんどん出て来ているので、チャンスがあれば色々と食べて試してみたいものですね。

新しくて美味しいお米を食べてみたい

新しくて美味しいお米を食べてみたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク