嵐の活動休止の裏舞台と落とし所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダー大野君の休養希望から2020年で活動休止となった嵐だが、ここまでに到る過程や落とし所には、ジャニーズ事務所と大野君、嵐のメンバーの思惑や、それらを取り巻く全ての状況を鑑みて、一番良い着地点を見つけられたようです。

君のうた 嵐
君のうた 嵐

大野君は嵐を脱退してジャニーズ事務所を退所するつもりだった。
しかしジャニーズ事務所としてはSMAPの解散時の時の様な大バッシングはどうしても避けたい。

しかも昨年、渋谷すばるが関ジャニ∞脱退を発表したが、2018年末までジャニーズ事務所所属だったのに、7月のツアーから外され、ファンとのお別れも出来ずに、あまり騒ぎにはなっていないながらも、またもやジャニーズ事務所は高圧的でタレントやファンに冷たいという悪い印象が出来ているという。


そこで、脱退・解散を避ける為に、嵐を活動休止として、大野君もジャニーズ事務所に所属したままお休みするという形を取り、僅かながらでも終わりではないという希望を残すことでファンのパニックを避けるという、コレしか無いという様な落とし所に収まったようだ。

更に大野君は自身が女性関係を破局させられたのに対し、その後他のメンバーが交際を認められている風潮にも不満を持っているという。

また大野君は普段からとても几帳面なんだそうだが、自由奔放な二宮と気が合わないのは有名とにこと。

それに加えて、SMAP解散後の香取慎吾のアート的な自由な活動を見て、考えが一気に傾いたようでもある。

大野君はだいぶ前から辞めたかったみたいだし、メンバー内でも色々あったみたいだけど、それでもSMAPの後釜として国民的スターの地位をここまで乗り切ってきた訳だから皆んな若いのに大人の事情の中でよく頑張ったと思う。
まあそれが芸能界とか芸能人の世界なんだろうけど。

とりあえず2020年末までは、昨年の安室ちゃんの引退ロードの様に嵐フィーバーが続くんでしょうね~

嵐の最新シングル「君のうた」がオリコン8位に急上昇しているそうです。

【参考リンク】
嵐・大野 退所から一転、残留の裏に“ブラック企業”と批判されたSMAP解散騒動の対応

確執、オンナ、SMAP、カネ… 嵐、活動休止の真相! 大野が二宮に反感?きしみ始めていた“仲良し”グループ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク