日本年金機構がデータ入力を委託した会社が入力業務の一部を中国の業者に再委託

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本年金機構がデータ入力を委託した東京都豊島区の情報処理会社が契約に違反し、入力業務の一部を中国の業者に再委託していた事が判明しました。

それも、年金の2月支給分で約130万人が所得控除されずに税金を多く取られ、本来より少ない金額が支払われた問題が発生した結果わかったとのこと。

個人情報の入力、一部を中国業者に 年金機構の委託業者

個人情報の入力、一部を中国業者に 年金機構の委託業者

個人情報の入力、一部を中国業者に 年金機構の委託業者

まず、年金のデータ入力にミスがあって、本来の支給額より約130万人が少なく支給されたこと自体がマズいですよね。

しかも、下請け業者がこともあろうか中国の業者に外注していたなんて、本当に信じられないことです。

そんないいかげんな会社に仕事を発注しないで欲しいし、もっとしっかり管理できる状況であって欲しいです。

中国に130万人の個人情報が流れたとしたら、犯罪に利用されかねないですから、大変な問題ですよね。

今後この様な事が起こらない様にしっかりと対策を立てて欲しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク