シナジーカードを申し込んだらエネオスカード(ENEOS CARD CB)がやってきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何時まで経ってもガソリン代が安くなりません。
昨年から仕事の状況が変わって車の走行距離が一気に増えたので、ガソリン代がかなりかさむ状態が続いていました。

そんな訳でいよいよガソリン系のクレジットカードを導入するべきではないだろうか?と考え、すでにスピードパスを使っていたのでシナジーカードをメインカードにしようかとリサーチして、その結果申込をした一部始終のお話でございます。

エクスプレスのシナジーカード

エクスプレスのシナジーカード

メニュー

 

ガソリン系カードの導入を検討した理由

以前からガソリン系カードは知っていましたが、そんなにガソリンを給油しない方で、1週間に1度給油するかしないか程度だったので、自分には関係無いカードだと思っていました。

それが、一昨年から始めた仕事がけっこうな移動距離があるので、こうガソリンが高いと少しの差でもバカにならないよなぁ~と思い始めたのでした。

これまでは楽天カードがメインで、通常1%還元のポイントに、楽天市場は2%還元なので、面倒な条件が無いカードの中では一番お得で使いやすいんですよね。

それが最近楽天はあまり使わなくなり、Amazonの方が多くなったのでAmazonカードも併用したりしていました。
Amazonカードは通常1%還元でAmazonでの買い物は1.5%還元です。

ガソリン代がこういつまでも高い中ガソリンを結構入れる様になって、もしかしたらこの当たりのポイント還元を越えるのでは?と思ってリサーチを始める事にしました。

 

シナジーカードを選んだ理由

元々近隣に安いガソリンスタンドが無くて、20km強離れた安いエクスプレスのガソリンスタンドで、仕事で時々行く時にはスピードパスを使って給油していました。

スピードパスは車のキーホルダーに一緒に付けておけるし、給油の時とてもスマートで割り引きもあるから超便利だなと思っていました。

エネオスカードはリッター2円引きなんですが、シナジーカードは最大リッター7円のキャッシュバックがある様なので、それならスピードパスも含めてシナジーカードが良いだろうと決めました。

後から見たらENEOSカード Cも同じ様なシステムで最大リッター7円のキャッシュバックがあったようでした。

スマートで便利なスピードパス

スマートで便利なスピードパス

 

近所はエネオスばかりでガソリン代がやたら高い

うちの近所はエネオスばかりなのですが、1強状態でとにかくやたらガソリンが高いんです。

市内や隣の市の安いガソリンスタンドと比べると5円くらい違ったりします。

昔ガソリンが100~128円だった頃は全然気にしてませんでしたが、ここ数年は140~150円で推移していることが多くなっていますし、どうかすればそれ以上高い時もあったりする訳ですから、流石にガソリン代も気になります。

エネオスカードを使っても2円しか値引きが無いから作る気はしないのですが、そうそう遠くで給油する訳にもいかず仕方なく近所で給油するわけですから、やっぱりエネオスもカバー出来た方が良いわけです。

後から見たらENEOSカード Cも同じ様なシステムで最大リッター7円のキャッシュバックがあったようでしたが、そもそもガソリン代が高いからお得感が無いんですよね~

近所のエネオスはやたらガソリン代が高い

近所のエネオスはやたらガソリン代が高い

 

石油会社の再編統合でエネオスでもスピードパスプラスが使えるように

と思っていたところ、近所のエネオスのセルフで給油しようとしたところ、スピードパスプラスが使えるように変わっていたのです。

コレもシナジーカードを作ろうと思った大きなきっかけになりました。

シナジーカードを申し込んでスピードパスプラスを作れば、エクスプレスでもエネオスでもお得に給油できる体勢が整います。

石油会社は合併しまくっていて、もう訳がわからないほどです。

でも便利で安く使えるのならそれで良いと思います。

実は最初このエネオスで、今までの楽天カードでスピードパスプラスを作ろうと店員さんに声をかけたのですが、2019年7月を目処に順次使えるようになるとのことで、まだ申込もできる状態では無いと断られてしまったのでした。

スピードパスプラス

スピードパスプラス

「エッソ・モービル・ゼネラル」は2019年7月までに順次「ENEOS」に変わります。 各サービスステーションで発券している決済ツール(クレジットカード等)によって、相互利用開始時期が異なります。

「エッソ・モービル・ゼネラル」は2019年7月までに順次「ENEOS」に変わります。
各サービスステーションで発券している決済ツール(クレジットカード等)によって、相互利用開始時期が異なります。

 

毎月7万円以上の使用で最大7円/リッターの値引き

毎月7万円以上の使用で最大7円/リッターの値引きがあります。
だいたい毎月10万円以上はカード決済があるので、今の楽天カードからENEOS CBカードに決済を変更すれば問題無くクリアできます。

昨年のガソリン代が年間22万円くらいだったので、リッター145円として1,517リッター。
1,517リッター×7円=10,619円

毎月15万円くらいカード決済があるから年間180万円使って、1%還元だと18,000円分の楽天ポイント。

今まで近所のエネオスで90%は給油していたとして、それが全部ENEOS CBカードの利用でリッター2円引きだったとしたら、
22万円×90%=198,000円

リッター145円として
198,000円÷145円=1,366リッター

リッター2円引きだと
1,366リッター×2円=2,732円

だから10,619円+2,732円=13,351円は還元があるなと。

更に給油の際他にも値引きされるんですよね。

エネオスカード -2円
スピードパスプラス -1円か-2円
トクタスメール会員 -2円(期間限定だけどしょっちゅう)

先日遠出して、元エネジェットのエネオスで給油しました。
値段は1リットル144円って表示されていました。
そして給油機に下のような説明書きがあったんですが、結局137円で給油できました。
7円引きです。

エネオスカード -2円
スピードパスプラス -2円
トクタスメール会員 -3円か5円

トクタスメールは地元のガソリンスタンドで登録していますので、基本は登録店だけみたいなのですが、店によってか否か、なんと-3円引きしてくれて合計7円引きでした。

しかし、まだ地元の元エネジェットでは、スピード決済ツールで3円引きながら、エネオスカードとの連携でも2円引きになりませんでした。
コレも7月にかけて順次対応なのかもしれません。
東京は対応が早いのかも?

スピード決済ツールで3円引き

スピード決済ツールで3円引き

まあ7円引きはたまたまとしても、スピードパスプラスの-2円くらいは確実に値引きになるので、更にリッター2円引きだと1,213リッター×2円=2,732円

だから10,619円+2,732円+2,732円=16,083円は還元があるなと。

実際には登録店から-2円のトクタスメールがしょっちゅう来るし、もしかしたら登録店以外のエネジェットでも店によってはメール会員値引きがあるかもしれないから、楽天ポイントとどっこいどっこいになるのかもしれません。

そうするとENEOS CBカードは調度7万円くらいの利用にして、残りの8万円は楽天カードで年間96万円の1%還元9,600円分の楽天ポイントをもらうのが一番お特かな?

元々の楽天カード一本で18,000円分の楽天ポイントが、ENEOS CBカードとの併用で25,683円分の還元に。
16,083円+9,600円=25,683円

自分は楽天銀行を使っているので、振込手数料を楽天ポイントで支払ったり、楽天市場で買い物をしたりで、これくらいのポイントは現金と同じ様に消費できるから問題無いんですよね。

ご利用代金請求書(以下、「請求書」といいます。)に記載された新規カードショッピング利用金額に応じてお値引単価が決定し、翌月の請求となるシナジーカード/ENEOS CBカード加盟SS(以下「加盟SS」といいます。)でのガソリン(ハイオク・レギュラー)・軽油のご利用分を対象に、最大7円/ℓ値引きを行います。

毎月7万円以上の使用で最大7円/リッターの値引き

毎月7万円以上の使用で最大7円/リッターの値引き

ただし値引きの対象は月間300リッターが上限です。
また対象はハイオク・レギュラー・軽油のみで灯油は含まれません。

自分は忙しい時期に週2~3回ペースで30リッター給油するので、ちょうど300リッター越えるか越えないかになるかもしれません。

これ以上使う様ならお得さも割引になりますので注意が必要ですね。

そう考えると、マックスに値引き対象になるくらいの自分には丁度良いくらいなのかもしれません。

値引対象の給油量はご本人・ご家族会員の合計で月間300ℓを上限とさせていただきます。
300ℓとは、燃料油(ハイオク・レギュラー・軽油)の給油量合計です。
ただしENEOS CBカードの値引きの対象は月間300リッターが上限です

ただしENEOS CBカードの値引きの対象は月間300リッターが上限です

1ヶ月7万円以上の利用で来月の値引き7円/Lゲット!

実際に見てみるまで半信半疑でしたが、ENEOS CBカードを1ヶ月7万円以上の利用して、来月の請求時基本値引き7円/Lをゲットしました!

初月は月末まで数日しかなくて1,900円くらいしか使っていないので、今月は通常値引き1円/Lでしたが、入会特典で100Lまで7円引きの値引きでした。

給油時の割引があって、更に請求時の割引があるのはとってもお得感があります。

7万円以上の利用で来月の値引き7円/Lゲット!

7万円以上の利用で来月の値引き7円/Lゲット!

何処に値引きが入っているのかわからなかったのですが、明細の左右の金額が違うので、ここで値引きが入っていました。

小計から711円値引きしてくれた方がわかりやすいんですがね。

さり気なく値引きが入っていました

さり気なく値引きが入っていました

そんな折りに今更ながら初めてこんなメールに気が付いたんですが、楽天カードはENEOSでの利用が2倍だったので2%還元になるんですよね。

何も考えないで楽天カードを使って、エネオスで給油するのもまあある意味悪くはないのかな。

今更初めて気付いたら楽天カードにENEOS分のポイント加算が!

今更初めて気付いたら楽天カードにENEOS分のポイント加算が!

エネオスでのガソリン給油分が年間198,000円だとしたら、実際には楽天カードのポイントが+1,980ポイント加算されるので、年間20,000円分のポイント還元があったことになります。

それでも、ENEOS CBカードをメインにして楽天カードと併用した方が、25,000円以上のポイント還元があるし、加えて給油時の値引きのプラスアルファが期待出来るのでやっぱりお得ですね。

楽天カードはENEOSでの利用が2倍だった

楽天カードはENEOSでの利用が2倍だった

毎月2万円以上の使用で年会費無料

年間259,200円(税込)以上になりますと翌年の年会費を無料とします。

だいたい毎月2万円以上使っていれば、翌年の年会費は無料です。
初年度の年会費も無料です。
7万円以上絶対使いますからこれは問題無いです。

年会費免除までの金額が表示されています

年会費免除までの金額が表示されています

 

トクタスメール会員もお得

スピードパス・スピードパスプラスを利用するとトクタスメールに登録することができます。
イヤなら登録しないこともできます。

登録初回のトクタスメールはなんとリッター5円引きです。
絶対行きます♬

通常でも2円引きなので、行ければ行って給油すると思います。

最初のトクタスメールはリッター5円引き

最初のトクタスメールはリッター5円引き

通常のトクタスメールはリッター2円引き

通常のトクタスメールはリッター2円引き

 

年間使用量を考えると他のカードとの併用でお得になる可能性大

先程の計算だと楽天カードとの併用が良さそうでもありますが、スピードパスプラスの便利さも加味すると多少はいいかなと思います。

あと今年の方がガソリン代もかかりそうなので、その辺りでもメリットは出せそうな気がします。

これから使いながら様子を見て帳尻合わせて行こうと思います。

 

シナジーカードを申し込んだらENEOS CARD CBがやってきた

そしてシナジーカードを申し込んだらENEOS CARD CBがやってきたのです。
黒いカードのつもりがオレンジのエネオスカードだったのでマジで焦りました。

ENEOS-CARD-CB

ENEOS-CARD-CB

シナジーカード

シナジーカード

それにしても審査にやたら時間がかかりましたね~
3月9日にネットから申し込みして、もうダメかと思っていた3月20日に審査通過のお知らせ。
手元にカードが届いたのは3月30日頃。
どんだけ~~みたいなw

更に、近所には元エクスプレス系のガソリンスタンドが無いので、あまり最寄りではない元エクスプレス系エネオスでスピードパスプラスの申込をすると、シナジーカードならスピードパスプラスへの登録がその場で済むのに、エネオスカードはまだ自社グループ扱いの仕組みになっていないらしく、使えると言われてすぐ使ったらエラーが出て使うことが出来ませんでした。

登録してくれた店長が、その日は月曜日でカスタマーサービスが休みなので、明日確認して連絡すると対応してくれて、月曜日に電話が来ましたが、やはりまだ他社カード扱いとなってしばらく時間が掛かりそうだと言う事でした。

使用可能になったらメールが届くからそれで確認してくれと言われましたが、週末になってもメールが来ないのでカスタマーサービスに電話してみると、月曜日の遅めの時間に使用可能になっていたとの事で、この一連の話をしましたが、悪いのはスピードパスプラスではなくてエネオスカードみたいな話をされ、軽くムカついたのと、まだ確かに一緒になってないし仕方ないタイミングだったなぁ~と。

まあ、どうでもいいんですけどねw

2019年7月まではENEOS CARD CBへのスピードパスプラスの登録は少々時間がかかるかもです

2019年7月まではENEOS CARD CBへのスピードパスプラスの登録は少々時間がかかるかもです

 

カード決済をENEOS CARD CBに変更

毎月7万円は確保しなければいけないので、これまでの楽天カードからENEOS CARD CBに決済を変更しました。

当初はもっとお得だから全部ENEOS CARD CBに変更しようと思っていたのですが、実際は7万円を確保するのが一番上手な使い方になりそうです。

前述の様に様子を見ながら使い方を調整していきます。

 

スピードパスプラスならコンビニなどの買い物でも支払い可能

スピードパスプラスならQUICPayとしてセブンイレブン他様々な店舗で利用できます。

コンビニでの買い物などで簡単に支払いできるのは非常に便利です。

これまで電子マネーもロクに使った事が無いので、これからはスピードパスプラスでスマートに買い物が出来そうです。

スピードパスプラスならコンビニなどの買い物でも支払い可能

スピードパスプラスならコンビニなどの買い物でも支払い可能

そんな訳でこれからENEOS CARD CBを使いながらお得な使用方法を更に突き詰めていきたいと思います。

とっても楽しみです♬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク