柔らかくて脂っぽ過ぎないステーキ肉シャトーブリアン(テンダーロイン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もともと健康オタクで肉はあまり食べなくて良いと思っていたのですが、良質な肉はある程度食べた方が良いという方向へ考えが変わり、たまたま付き合いもあって今まであまり行かなかった焼肉屋へ行く機会が増えました。

でも何をどうやって頼めば良いのかわからないので、人任せや店任せや適当に頼んでいました。

でも次第に、美味しいけど気持ち悪くなったりする事があって、

「牛肉は牛肉でも自分が好きな牛肉はどんな肉なんだろう?
何をどれだけ食べるのがベストなんだろう?」

という疑問が沸いてきました。

そこで、とりあえず一度ちゃんとしたステーキを食べてみようじゃないかということで、地元のステーキ屋さんへ行ってみました。

黒毛和牛のサーロインと肩三角肉のステーキ

黒毛和牛のサーロインと肩三角肉のステーキ

ホームページを見ると、とにかく自慢はサーロインステーキだということで、4,000円以上しますが、「コレを食べなきゃ始まらないよな!」と思って行ったのですが、たまたまその日のオススメが黒毛和牛のサーロインと肩三角肉のステーキで3,700円くらいだったので、「コレはお手頃で違う肉と食べ比べもできるからラッキーだ!」と注文しました。

すると、サーロインステーキは確かに美味しいのですが、脂が強すぎていきなり気持ち悪気味で正直あんまり進まないのです。

そう言えば若い頃、彼女の誕生日に地元の高級ステーキ屋に人生で2回行ったけど(別の彼女で別のステーキ店)、いずれも美味しいけど気持ち悪気味だったよな~と思い出しました。

更に先日知り合いの焼肉屋で、3,000円くらいの特上なんとか肉を食べたら、美味しいけど脂が強すぎて気持ち悪気味だったな~と思い出しました。

そうか!
俺はサーロインステーキみたいに脂が強い肉は苦手なんだ!

やっと気付いたw

肩三角肉は程々に美味しかったのですが、サーロインステーキの脂は先に食べなきゃ後じゃ食べられなくなると思って後回しにしたせいで、鉄板の上で固くなってしまいました。

でも、それが無ければ肩の肉も美味しく食べられると思いました。

今まで特上カルビとか脂身がある肉が好きだったし、とんかつのヒレは脂身が無くて好きじゃなかったので、やっぱり脂身が好きなんだと思っていましたが、確かに歳とともに普通のとんかつや揚げ物も弱くなってるもんな~

じゃあアラフォーになった今、『俺はどの肉が好きなのか調べようじゃないか!』という訳で牛肉について調べたり食べ始めました。

そんな時たまたま近所のスーパーで、スルガ牛のモモのステーキ肉が30%引きで売っていたので、早速買って食べてみました。

スルガ牛 モモ肉のステーキ 100g

スルガ牛 モモ肉のステーキ 100g

脂身・柔らかさも程良く、噛み応えもあり、肉汁も溢れて美味しく、100g弱ながら330円程度で食べられたので素晴らしいコストパフォーマンスでございました。

肉の部位や名前が全然わからなかったのでネットで調べて、サーロインと並んで最高級のステーキ肉と呼ばれているのはシャトーブリアン(テンダーロイン)とわかりました。

シャトーブリアン(テンダーロイン)はサーロインより脂身が少なくて柔らかい上質な肉とのこと。

あまり動かない部位なので筋肉が付かなくて柔らかいそうです。

1頭の牛から取れる量も少ない希少部位で値段もお高い。

他の部位も興味はありましたが、まずは最高に柔らかくて脂身が少ないと言われるシャトーブリアン(テンダーロイン)を試さない事には物差しがございません。

でも!

そんなにお金は無いから安くて美味しい肉じゃなきゃねw

という訳で、やっぱり口コミがたくさん見たいから、楽天とアマゾンで調べました。

Amazonはまだ肉は少ないですね。

なので楽天の中で選びましたが、安くて口コミの良いシャトーブリアン(テンダーロイン)なんて数が少ないです。

それで、オージーの放牧牛の100gと、アメリカ産の150gがいずれも良い口コミが多くて悩みましたが、100gじゃ少なくて物足りないという口コミが多かったので、放牧牛の安心感も捨て難いですが、米国産 牛ヒレ(テンダーロイン)ステーキ用 150gを購入しました。

どうせ解凍してまで食べるなら、150gくらい食べたいだろうなと思いまして。

それで2日後に到着したので早速食べましたよ~

確かに脂身も少なめで丁度良く、柔らかさも丁度良く、150gも満足できる食べた感があって、美味しくてとても良かったです。

お値段は税込み1,274円、送料940円です。

1万円以上送料無料でしたが、いきなりそこまで買う気もせず、運賃がかかる塩梅でとりあえず今回は4枚買いました。

次はリピートするか、この米国産 牛ヒレ(テンダーロイン)ステーキ用 150gを物差しにコスパが良さそうなステーキ肉があったら試してみようかなと思います。

ステーキ肉は独り者のアラフォー男でも焼くだけなので楽にご馳走ができて最高の贅沢ですね♬

たまたま頂き物の赤ワインがあったので、とってもリッチな気分になりましたよ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク