WBC世界バンタム級タイトルマッチで山中が負けて知ったボクシングの軽量制度

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドーピング疑惑から因縁の再選で2018年3月1日に行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチで、体重超過で軽量失格したネリに山中が2ラウンドTKOで誠に残念ながら完膚なきまでに負けてしまいました。

WBC世界バンタム級タイトルマッチで山中が負けて知ったボクシングの軽量制度

WBC世界バンタム級タイトルマッチで山中が負けて知ったボクシングの軽量制度

ネリは1回目の軽量が2.3kgオーバーで、最軽量でも1.3kgオーバーとなり、1階級上のスーパーバンタム級のリミットも越える2階級上とか、最終的には4階級上とか色々な言われ方をしました。

ドーピング疑惑で再戦を命じられたにも関わらず、またもやルールを守らずに減量を楽々スルーした挙げ句、勝ち名乗りを受けた瞬間に大喜びするという暴挙に出たネリ…

そのネリを横目に、4度のダウンでTKOとなりマットに横たわる山中の無念たるや、日本国中がその無念さと行き場の無い怒りを数日間共有したのではないかと思います。

この問題は数年前から言われ続けられていますが、残念ながら全く改善されていないようです。

相次ぐ計量失格と、タイトルの“軽量化”。~「落とさないが勝ち」を許すな~ – ボクシング – Number Web – ナンバー posted2015/05/26 10:00

しかし、ちょっと待ってよ…

そう言われれば、確かにボクシング選手って軽量パスしたらステーキとか食べるって言うよね。

でも、軽量した後に5kgとか増量して試合するって何か変じゃないの?って思ってしまったのです。

前日計量ってどうなの?

前日計量ってどうなの?

ボクシングの軽量ってなぜ前日計量が主なのでしょうか。みんな… – Yahoo!知恵袋
前日計量と当日計量の是非 – ボクシング動画配信局
ボクシングの計量が前日に行われる理由 | 面白い雑学&意外と知らない雑学の館

簡単にまとめてみますと、昔は当日計量だったけど、なんやかんや軽い体重の相手と戦った方が勝てるチャンスがあるからと、無理な減量をして試合で事故が度々起きてしまうので、それを無くすために前日計量として、試合までに食べてもいいよというルールになっているようです。

ネリもそうだけど、リンクの中の記事にも計量後に猛烈に増量した選手がいたらしく、それはそれで異常というかおかしいと思われる様なものであるとのことです。

せめて計量後の増量に関するリミットを設けないと、わざわざ細かく階級分けする意味も無くね?って思っちゃいます。

やっぱり契約体重でその日に試合するべきだと思うし、その方がわかりやすいと思うなぁ~。

計量後のステーキは美味しいんだろうけどさぁ~

計量後のステーキは美味しいんだろうけどさぁ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク